怒濤の英語と個人指導

みすず学苑その他の謎

Q. みすず学苑の施設は、なぜあんなに小さくて、廊下が狭いのですか?

A. みすず学苑の全ての校舎は、39年間のノウハウに則って作られてます。その成果は、15年間91.07%の合格率でも明らかです。しかし、その理由を説明すると、皆さんには「意外」でしょう。
 「なぜ、あんなに教室は小さく、廊下も狭いのですか」という質問には、「なぜ、お茶室はあんなに小さく、にじり口も狭く、切り戸は粗末な材木なのですか」と、逆に問いかけます。その答えは簡単です。「密度の濃い会話や、密度の濃いコミュニケーション」を計るためです。
 広々とした空間は、一見「快適!」と思うかも知れません。しかし、快適なのは初めだけです。慣れてくると、ゆったりした分だけ、気持ちもゆるみ、勉強スピードも鈍くなって来ます。何よりも、先生と生徒のコミュニケーションが希薄になり、会話も少なくなります。また、一人一人が勝手に行動し、それを誰もチェックできません。つまり、密集感覚と一体感がなくなるのです。
 世界に冠たる、アニメの「ジブリ」を見学したディズニーや、ハリウッドの人々が、あまりの狭さや小ささに驚いたそうです。チームワークで創作する宮崎駿にとって、狭くて小さなスタジオの方が、いい作品が生まれるのです。それは、「お茶室の原理」と同じ理由によるものです。
 ところで、狭い廊下のおかげで、先生と生徒、先生と先生、生徒と生徒は、肩がぶつかるので、必ず何か話します。これが、密度の濃いコミュニケーションを作るのです。
 これらの事は、理屈でやっているのではありません。過去に、何度も実験した結果なのです。生徒や講師の要望を聞いて、広い教室や広い廊下にした時もありました。しかし、その時は合格率が落ちたのです。本当に生徒の事を思えば、安易に要望を聞くべきではなかったのです。それ以来、原点を大切にして、2度と教室や廊下を広くしないのです。「お茶室の原理」は、日本人にとって、大変贅沢で、豊かなコミュニケーションの王道なのです。
 だから、必要以上に広く、必要以上にカッコイイ教室を揃える予備校が、良いと思う生徒やお母さんは、注意が必要です。それは、コミュニケーションが希薄になることであり、生徒を、ほったらかしにすることです。また、たくさん生徒を収容して、できる生徒以外は切り捨てることです。また、講師の数が少なくて済むので、経営効率がいいのです。いずれも、生徒本位ではなく、合格率が低くなるのは当然です。そんな予備校は、いかに危険な予備校かが解るはずです。見た目にカッコよく、広くて快適な教室に、だまされてはならないのです。

 ところで、みすず学苑の自習室には、独自の工夫がされています。それは、「快適すぎない環境を作ること」です。受験とは「訓練」です。有名大学ほど、受験本番の会場は古く、イスも固く、大半は長椅子と長机です。暖房もムラがあり、ある場所はのぼせるほど暑く、窓際は冷えたりします。周囲の受験生は、貧乏揺すりをしたり、紙をパリパリ言わせたり、ブツブツ問題を読みながらやる人や、緊張で、定規や鉛筆をカタカタさせる人も多い。
 そんな、普段と違う環境で集中できず、実力を発揮できない受験生が、毎年必ずいるのです。普段の勉強が「快適すぎる」と、こういう事が起きるのです。

 ゴルフの有名選手であるタイガー・ウッズは、人並み外れた集中力で知られます。その秘密は、彼が子供の頃から、父親が英才教育をしてたことにあります。
 なんと、タイガーがボールを打とうとするとき、わざと大きな音を立てたり、視界に入るところを歩いてみたり・・・と、わざわざ集中力を削ぐような事をしてたそうです。そうやって、本番で「何があっても気にしない」という、集中力を発揮できるよう、日々訓練してたのです。
 実は、これは受験でも同じです。普段、快適な環境でしか勉強してない生徒は、本当に本番に弱いのです。
みすず学苑では、自習室を、必要以上に「快適」にはしません。もちろん、ある程度の防音、ある程度の静かさはあれど、快適すぎるイス、静まりかえった防音設備などは、かえってマイナスなのです。なぜなら、入試本番では、そんなものはないからです。
 入試本番は、快適ではない場所です。だからこそ、みすずでは、快適すぎない環境にするのです。長椅子、長机で、お尻が痛くなる人は、本番がそうだと思って、自分に合った座布団を用意して座り、本番にもそれを持って行くのです。こんな自習で、全く気にならずに集中できる人が、本番に強い受験生なのです。
 これらの、自習室の結果は、15年連続91.07%の合格率が証明してます。みすず生が、本番に強いゆえんです。
 このように、快適な環境をアピールする予備校は、そこしかアピールする所がない予備校です。なぜ、そこをアピールし、受付や応対の感じ良さを工夫し、いい印象やサービスの良さを売り込むのでしょうか。理由は簡単です。合格実績が乏しく、合格率が低いからです。だから、そこをアピールできないのです。
 そんな予備校でも、ある程度の合格者が出るのは、「できる子の面倒だけ見て、あとは切り捨てる」からです。これは、予備校業界の定説です。快適で、大き目の教室なら、全ての生徒の面倒は見れません。だから、そうせざるを得ないのです。しかし、切り捨てられる生徒は、たまったものじゃありません。
 みすず学苑は、その逆なのです。全ては、予備校の良心や予備校の使命を第一に考え、「あずかった生徒を、全員志望校に合格させよう」を、旗印にしています。その成果が、15年連続91.07%の合格率なのです。だから、「合格率を上げること」に専念し、そのために、最適な施設や応対を考えるのです。
 それが、みすず学苑の特徴です。失敗の少ない受験、切り捨てのない受験、落ちこぼれのない受験、難関校にガンガン合格する受験。いずれを望む方にも、みすず学苑が最適だと確信します。

Q. みすず学苑の、教材はどうなのですか。なんとなく、チープな感じがしますが。

A. 教材製作にお金をかけ、優れた教材を誇る予備校もあります。しかし、その予備校は全国模試で有名だったり、受験問題集などの、出版事業が盛んな予備校です。だから、そういう執筆陣がたくさんいるのです。しかし、その執筆陣が、実際の授業をする訳ではありません。アルバイトの先生が、その教材に基づいて講義するだけです。分校が全国にあるので、そうせざるを得ないのです。
 しかし、優れた教材をアピールする予備校は、なぜそうするのでしょうか。答えは簡単です。合格率が低いので、教材しかアピールするものがないからです。その教材を使い、講義を聞いた後、復習してるのかどうか。また、予習や宿題をやってるのかどうか。全生徒に確認し、絶対にやるまで指導しないと、合格率が高くなるはずがありません。大きな教室で、全国展開してる予備校が、それをやれるはずがないのです。だから、教材をアピールするのです。
 受験生本位になって考えたら、本当は恐い予備校です。結果は、見捨てられたり、置き去りにされたり、自主性を重んずると言って、なにもしないまま、失敗させる事も多いのです。合格率の低い予備校とは、つまりは、そういう予備校なのです。
 みすず学苑の教材は、実際に授業をする先生が作るものです。だから、無駄が少なく、効率的なのです。しかし、それはパンやごはんのように、地味なものです。みすず学苑の授業は、「理解とトレーニング」をテーマにしており、講義の面白さや話術の面白さをアピールする、聴いたり、感動して終わる劇場型ではないのです。
 あくまで、高い合格率を達成するために、考えられたものなのです。私達にとっては、それが一番いい教材なのです。

Q. みすず学苑は、宗教団体が経営してるのですか?

A. これは、まったく事実と違います。
よく巷で、「みすず学苑は、ワールドメイトという宗教団体が経営しているらしい」と、訳知り顔で言う人がいますが、全く事実と異なります。
 みすず学苑を運営するのは、株式会社ミスズという会社です。株式会社ミスズは、1978年の創業以来、いかなる宗教団体とも資本関係はありません。
 事実は、単にみすず学苑の学苑長の半田晴久が、宗教団体の代表役員を兼任してるに過ぎません。これは、松下幸之助氏が「根源の社」という神社を創立したり、角川春樹氏が、角川書店の社長を務めながら、宗教法人明日香宮という、神社の宮司や宗教団体の代表を務めた事と同じです。また、エスエス製薬を創設した泰道照山会長は、天台宗の僧籍のあった方です。
 神道には、「聖と俗を区別して共存する」という特質があります。信仰を持つ経営者が、仕事はばりばりしながら、宗教団体の代表を兼ねたり、神社を興したりする例は、古来よりたくさんあるのです。上杉謙信や武田信玄も、そうだったのです。現代にも、たくさんいます。
 しかし、当然の事ながら、半田が個人的に信仰を持っても、みすず学苑という予備校の、指導内容には全く関係ありません。宗教的な儀式も、説教も、勧誘もありません。そんな予備校なら、とっくに問題視されて、潰れてるでしょう。しかし、実際は、15年間連続合格率91.07%という、驚異の合格率を出す優良予備校として、全国的に知られてるのです。そして、創業以来39年間で、数万人の合格者を送り出してきたのです。もちろん、キリスト教・仏教・神道・その他、どんな宗派の家のかたも、全く問題なく学んでいます。
 大学には、キリスト教のICU、上智大、立教、同志社大、関西学院大があり、仏教の大谷大、龍谷大、立正大などがあります。成蹊大学や成蹊高校、中学、小学校も、もとは禅や日蓮宗を信仰する創設者が作ったものです。
 こうした、宗教的情熱や良心があるからこそ、ビジネスライクでない、金儲け主義でない、本当の教育が出来るのです。学苑長の半田は、予備校にその教育理念を反映させ、他ではマネの出来ない、親身の指導やシステム、伝統を確立しました。その結果が、他のどこにもない、驚異の合格率になってるのです。

Q. みすず学苑が、宗教と関係ない事は分かりました。学苑長個人の信仰は、どんなものですか?

A.  学苑長の半田晴久が代表を務めるワールドメイトは、2012年9月に、文部科学大臣所轄の宗教法人になっています。全国に、18万2396ある宗教法人のうち、文化庁を通して文部科学大臣が認めた法人は、わずか1070しかありません。その他は、全て都道府県の知事の認証なのです。会社で言えば、東証一部上場に、上場したようなものです。認証手続き中に、文化庁の人から『全国的な活動の団体の設立認証は、文化庁が受け持ちますが、年に2件程度しか認証していません。また、オウム事件があってから、新たに認証する団体への審査は一層厳しくなりました。県知事の管轄のものより、何倍も厳しいチェックが必要です』と言われたそうです。
 現在の、新しい宗教法人の申請手続きは、代表個人にも、団体にも、わずかでも問題があれば、審査は通らないのです。それだけ、厳しい審査をパスし、政府が法人化を認めた団体ですから、匿名の中傷とは、まるで正反対なのです。つまり、何ら問題の無い宗教なのです。
 また、半田は世界平和のために、立正佼成会や創価学会の人々とも仲良く、大本教や金光教、天理教をはじめ、あらゆる宗教の方々と宗教対話や宗教協力をしています。特に親しいのは、前の英国国教会のカンタベリー卿と、前のルター派の総書記です。
 余談ながら、半田は、在福岡・カンボジア王国名誉領事にも就任しています。これも当然、カンボジア王国と日本、双方の外務省や警視庁の調査をパスしなければ、就任できません。
 カンボジア王国では、半田は政府にアドバイスを行う、政府顧問と首相顧問にも就任しています。カンボジアで、首相・副首相に次ぐ「上級大臣」の待遇を受ける、「rank of Senior Minister」なのです。
 また、カンボジアでトップ3になった、カンボジア大学を創設し、総長を務め、政治学部の教授も務めています。その他、半田は、17年間カンボジアの無料病院や孤児院を運営し、後者の名誉院長を務めます。それで、カンボジアの政府と国王から、4つの勲章を授与されています。
 また、中国全土の最も貧しい地域に、130校の小学校を建設し、100人の孤児の教育の父親になっています。そして、半田は、オーストラリアの州立大学で修士号(MA)を取り、中国の清華大学と浙江大学で、学術博士号(Ph.D.)を2つ取得しています。また名誉博士号は、イギリスと豪州とアメリカで、5つ授与されています。ジュリアード音楽院も、その内の一つです。
 このように、半田は、教育や福祉や宗教協力などの分野で、世界的に知られる知識人であり、教養人なのです。
 インターネットで中傷する人は、そういう所は全く触れません。しかし、日本では、安倍晋三、小沢一郎、亀井静香、鳩山邦夫、鳩山由紀夫、鈴木宗男、猪瀬直樹など、多くの政治家や官僚、学者、経済人が評価し、カンボジアのフンセン首相だけでなく、コフィー・アナンや英米の元大統領、各国の大統領などと共に、世界平和のための、多くのプロジェクトをやっています。
 しかし、半田の心は常に受験生と共にあります。そして、受験生と同じ心で生きています。すなわち、世界をめざし、トップをめざし、常に謙虚に学び続け、皆と和気あいあいとして、合格の栄誉を分かち合うのです。

資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら