予備校ならみすず学苑。「ダメだった英語が驚異的に伸び、数学は頂点に達して合格!」

怒濤の英語と個人指導

 ダメだった英語が驚異的に伸び、数学は頂点に達して合格!

川上創さん(早稲田高校)

東京工業大学 第1類
川上創さん(早稲田高校)

 僕は、去年同じ大学を受験しましたが、「できた!」と思った自分の感覚と、結果は逆でした。つまり、不合格だったのです。しかし、今年は「できた!」という感覚と、結果は一致して合格でした。「やったぜベイビー!バンザーイ! みすず学苑!」。みすず学苑で勉強した1年で、偽の実力が、本物の実力に変わったのです。

実は、高3では別の塾に行ってたのです。その時、みすず学苑のことを知りました。そして、「浪人するなら、絶対みすず学苑!」と決めたのです。言わば「バイトするならタウンワーク、浪人するならみすず学苑!」です。英語ができなくて、英語長文が超苦手だったからです。その僕が、みすず学苑の合宿で、人生最高に英語が伸びたのです。夏の合宿でも、冬の合宿でも、入試問題を100題以上解きました。まさに、怒涛の英語です。お陰で、どんな長文問題も「解ける」自信がつきました。だから、もう長文にビビらなくなったのです。これって、めちゃめちゃ凄いことです。たとえるなら、ゾンビの指先に見えた英語長文が、天使のマニキュアに見えるのです。「英語長文さん、いつでもいらっしゃい」の心境です。ほんとうに、うれしかったです。

授業では、文法も熟語も長文の中で説明され、文章で覚えます。その方が、頭に残るからです。単語は、コマンドテストや口頭テストで覚え、単語帳の1900語を3周覚えました。みすずの生徒は、みんなそうします。単語が解ると、英文が面白いように読めました。その結果、英語は常に偏差値が60を超えるようになったのです。何がなんでも、英語を伸ばしたいなら、僕はみすずしかないと思います。

ですが、英語だけでなく、数学と理科も化け物のように伸びました。「英語のみすず」と言うより、「数学のみすず」じゃないのと思ったぐらいです。定期的に、学習進度を確認してもらうので、それが良かったのです。難しい問題を、長時間かけて解くトレーニングもしました。東工大の過去問だけでなく、他の問題も時間制限を設けて解き、先生に添削してもらったのです。その結果、偏差値は80を超えるくらい伸びました。本当に、素晴らしい数学教育でした。

みすず学苑は、先生だけでなく生徒同士も、話しやすくて人付き合いがいいのです。合格すれば、みんなが喜んでくれます。受験期も、お互いに励まし合ってました。

先生も、試験前日までいて下さり、最後の最後まで声をかけてくれました。その先生は、質問すると嬉しそうに答えるのです。「俺は、この仕事に誇りをもってやってるんだ」という、先生の気概や愛情が伝わり、すごく嬉しかったです。本当に、みすず学苑に通って良かったです。第一志望校に合格しましたが、先生や友達と別れるのは、本当に淋しい限りです。(浪人)


資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら