予備校ならみすず学苑。「あんなに続かなかった僕が、計画どおりに勉強できました!」

怒濤の英語と個人指導

 あんなに続かなかった僕が、計画どおりに勉強できました!

鈴木啓太郎さん(都立八王子東高校) 

慶應義塾大学 環境情報学部
鈴木啓太郎さん(都立八王子東高校) 

 「さあ、受験勉強だ!」と、基礎問題集を買ってきて、僕は夏までの計画をたてました。高3の春のことです。ところが、やってみると、これがなかなか進みません。僕の計画は、早々と挫折したのです。それならばと、いきなり入試問題に挑みました。しかし、当然ながら、全くの玉砕状態でした。間違いだらけで、目も当てられません。基礎に戻りたくても、気持ちは焦るばかり。心は動揺するし、全ては空回りし、もうぐちゃぐちゃでした。そんなままで、入試に臨んだのです。その結果、日東駒専には見放され、屈辱の全落ちだったのです。

「ああ、受験勉強って、いったいどうやればいいんだ。僕に合った勉強方法や環境は、どんなものなのか。誰か教えてくれー!」

そんな、悲痛な心の叫びを、そのままみすず学苑にぶつけたのです。みすず学苑は、その全てに応えてくれました。基礎からみっちりやり、勉強計画を立ててくれました。遊ばないよう、挫折しないよう、明るく見張っててくれました。苦手な暗記も、習慣化してくれました。合格に必要な勉強の絶対量を、いつの間にか、全生徒にやらせてくれました。こんな予備校は、日本広しと言えど、みすず学苑しかないと思います。

実際に、みすず学苑では、計画倒れになったことはないのです。これだけでも、すごいと思います。みすず学苑では、授業を持つ先生が担任ですが、担任の先生に「今は、これをやれば大丈夫!」と、毎週毎週、やることを確認してもらえました。「これでOK」って、先生から断言されると、超~安心です。受験生は、常に不安をかかえてますが、この毎週の「断言」には、勇気づけられました。学生バイトのアシスタントではなく、授業を持つ先生だからです。つまり受験の専門家の断言なので、感動的なぐらいありがたかった。

自分でやっていると、「これでいいのかな」と不安がよぎります。でも、それは悪魔のささやきです。失敗の元です。現役の時の僕が、そのささやきにやられたのです。しかし、みすずでは、悪魔のささやきを、先生の「断言」が打ち破るのです。だから「今の勉強で良いのだ」と、いつも、確信して目前の勉強に打ち込めたのです。みすずには、素晴らしい指導体系がたくさんあります。でも、僕にとっては、ここが一番良かったのです。

友達の多くは、大手予備校に行きました。もともと成績の良かった人で、受かった人はいます。でも僕と同じで、計画どおりにやれない友達は、浪人しても、行きたいところには受かってません。自分で計画を立て、自分でやって、自分で復習する。そして、身に付いたかどうかを、自分でチェックする。こんな芸当は、よほど自己コントロールできる人じゃないと、到底無理です。僕のようなタイプの人が、一般には多いんじゃないでしょうか。そんな人を、入試で勝たせてくれるのが、みすず学苑です。僕も努力しましたが、みすずじゃなかったら、慶應の合格は絶対なかったです。日東駒専に落ち、翌年の慶應合格ですから。あの全落ちの、悲痛な心の叫びは、今では喜びや自信となり、将来の夢になってます。これを大学で、必ず花咲かせます。先生方に、どれだけ感謝しても、しきれません。本当に、ありがとうございました。


資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら