予備校ならみすず学苑。「日東駒専に落ちた僕が、上智に合格! 第一志望より、はるかに上です!」

怒濤の英語と個人指導

 日東駒専に落ちた僕が、上智に合格! 第一志望より、はるかに上です!

冨澤亮介さん(都立白鴎高校)

上智大学 文学部
冨澤亮介さん(都立白鴎高校)

 僕は、大手の予備校に通ってましたが、日大にも東洋にも受からず、全落ちだったのです。そんな僕が、わずか一年で上智に合格したなんて、誰が信じますか。僕自身、今でも信じられないぐらいです。なにせ、みすず学苑に入学した当初は、明治が第一志望だったのです。僕の成績は、第一志望をはるかに越え、ビューンと伸びたわけです。いま、僕はつくづく思います。みすず学苑は、本当に僕にピッタリの予備校だったなあと。

基礎をやるべき時は、基礎クラスでじっくり勉強する。実力がつくにつれて、クラスが上がり、上のレベルで勉強できるのです。このシステムは、素晴らしかった。基礎ばかりだと、入試に間に合いません。でもはじめから、入試問題をやる普通の予備校だったら、僕はまた失敗だったでしょう。みすず学苑に入学して、ほんとに良かったです。今はもう、みすずの電車ステッカーを見ても、抱きつきたくなるほど愛おしいです。基礎の反復マスターから、難問解決まで、うまく導いてくれました。

そして、あのコマンドテストは最高でした。暗記が苦手な僕にとって、コマンドテストはとてもありがたいものでした。英単語も熟語も、古文単語も、少しずつ確実に覚えるからです。暗記の習慣が出来たことも、大きかった。合格点が取れない時は、居残りのアフターケアです。先生方も、よくやるなと敬服しました。入試まで繰り返すシステムなので、忘れても忘れても、最後はしっかり覚えられました。また授業中に行なわれるので、生徒に逃げ道はなく、全員が覚えるのです。居残りもあり、覚えないまま置き去りにされる人もありません。僕が普通の予備校に行ってたら、たぶん逃げてたし、置き去りにされたでしょう。受験生の奥の心理の、裏側まで考えるみすずの指導は、本当にどこにもないものです。

それから、忘れもしないあの冬の日。2月の受験の、真っ最中でした。僕は入試の帰りに、みすずに寄って、その日の答案を先生にチェックしてもらいました。「今日の入試のポイントは、ココ。今日中に、必ずこれとこれをやっとこう」と、翌日の入試対策まで教えてもらいました。本当に、翌日の入試でそこがバッチリ出たのです! すごーい! みすず学苑は何てすごいんだあー!と、心で叫びました。2月過ぎても、こんな指導をしてくれる予備校は、他にありません。

このように、浪人決定から翌年の合格まで、至れり尽くせりの一年でした。さらに、先生方が、みなさん「絶対に合格させるぞ!」という、情熱に満ちてました。これが、みすず学苑だったのです。僕の合格は、その情熱を燃料にして、第一志望を飛び抜けたロケットのようなものです。そうとしか、説明のしようがありません。本当にありがとうございました。このご恩は、一生忘れません。


資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら