予備校ならみすず学苑。みすず学苑はココが違う!

みすず学苑の指導方法には7つの特色がある

「怒濤の英語」で圧倒的に勝つ

難関校を突破する「怒濤の英語」は、みすず学苑の代名詞!単語・熟語の暗記から長文読解の極意まで、無駄なく合理的に身につくノウハウが目白押し。英語が不得意な人にも怒濤の得点力アップを可能にし、難関校の合格を約束します。受験指導35年の研究成果の約束です。

1クラス平均18名の少人数クラス編成

みすず学苑のクラスは、一人ひとりの名前と顔と勉強状態を覚えられる、本当の少数教育の規模にしてあります。さらに、科目ごとの学力別クラス編成で、様々なレベルの生徒にピッタリの授業をします。

英語100段階マスターテスト

今や文系にとっても理系にとっても、英語が難関入試の勝敗の決め手です。学力と理解度にあわせ、英語力を100段階に分けたテストを実施し、合格の武器となる英語力を仕上げます。

難関校合格主義

どんなに少人数でも、どんなにいい指導でも、東大、早、慶、上智をはじめ、一流大学に進学してこそ意味があるのです。基礎からやり直した受験生も、難関大学に続々と合格しています。

 「口頭テスト」で暗記名人に!

授業ごとに2種類の小テストを繰り返し、暗記の定着を図ります。さらにマンツーマンの「口頭テスト」で、個々の状況を把握します。また、講師との温かい交流が生む一体感が、常にやる気を触発し、夢中で勉強する自分が確立します。本当にそうなります。

いつの間にか怒濤の絶対量(無理なくこなす年間1,000題)

勉強の絶対量は合格力に直結します。学力レベルと志望大学に合わせて計画を立て、一人ひとりを講師が指導し、いつの間にか1,000題達成できるシステムです。自分一人では到底できません。

個人指導の究極、落ちこぼれが一人も、ない!

丁寧な質問受け、綿密な受験指導、個別にノートチェックをしながら、トータルな学習指導をするカレッジタイムシステムなど。一人ひとりに時間と心をふんだんに使う個人指導をします。12月で終わる予備校が多い中、みすず学苑は、生徒が喜んで2月、3月まで来て勉強しています。

資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら