部活や学校行事と両立させて希望の大学にも合格

苦手だった日本史を冬の合宿で克服

立教大学 経済学部
女子
現役

私は高2の春からみすずで英語を受講しました。
最初のうちは、部活や学校行事と両立できるのかなと、不安でした。
しかし、勉強のやり方や時間の使い方など、先生方のアドバイスどおりにやると、意外に簡単に両立できました。
おかげで、高3の最初の模試で、早くも偏差値が60を超え、それ以来、一度も下がらなかったのです。

ところが、私には、日本史と言う大問題がありました。模試の成績が、いつも最悪だったのです。
暗記ばかりやってたのが、悪かったのですが、そこに気付きませんでした。
そんな、私にみすずの先生は、暗記に偏った勉強をやめて、歴史の流れを理解するように、マンガ日本の歴史を読めと言われました。
この時期になぜとも思いましたが、もうこれしかないと決心し、全48巻を読みきりました。高3の秋のことです。

この作戦は、効果テキメンで、ぶつ切りの知識が、全部つながって納得できました。
そして、最後のダメ押しになったのが、冬の日本史合宿です。叫びたくなるほど猛勉強しました。
追い込み時期の、あの合宿は、現役生にとって最高の救いでした。
そして、ついに日本史が面白いと思えるまでになったのです。

思い起こせば、この2年間、本当に楽しかったです。
そして、部活や学校行事と両立させて、希望の大学にも合格できました。
アットホームで、丁寧に指導してくださった先生方、スタッフの皆さんに、心から感謝しています。
ありがとうございました。

みすず生合格者の声より(抜粋)

資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら