難関校では思考力、分析力、論述力などの応用力が必要

大学受験における応用力の必要性

大学入試に関する批判的な意見としてたまに、
「入試問題が丸暗記を前提とした出題ばかりだから、
その後の学力向上になかなか繋がらない」こういった趣旨のものを耳にします。
しかしこれは入試の実状とは明らかに異なる的外れな論です。

例えば、東大や一橋大などの世界史では、
個々の歴史観まで問われるような設問が多く出題されており、
自分なりの考え方を表現できるよう準備しておく必要があります。

ミッション系の最難関校である国際基督教大や上智大では、
解答スピードが最も重視されており、膨大な量の英文にて出題がなされます。
日ごろからの英文速読の訓練は必須となるでしょう。

また、特徴的なところで言えば京大、神戸大の数学。
問題に対するアプローチにかなり工夫を要する出題がされるので、
自分の力で考え抜く訓練を行い、数学的センスを磨いておかなければなりません。

このように、特に難関と呼ばれる大学受験では、基礎的な学力はもちろんのこと、
思考力、分析力、論述力などの応用力が無ければまず合格は難しいのです。
そしてこうした受験勉強は入学後、さらに高度な学問習得の際に生きてくることでしょう。

資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら