努力を継続すれば必ず目標を突破できると強く信じよう

最難関大学に合格するのは「努力を継続できる人」

国内の大学で最難関として挙げられるのはやはり「東大」「京大」。
私立の代表格といえば早稲田、慶應、上智などでしょうか。

さて、このような最難関大学に合格するのはどのような人なのでしょうか。
抽象的な表現ですが「頭の良い人」が最難関大学に合格しやすいのは間違いないでしょう。

しかし、条件として考えた場合、最難関大学に合格するには、
「努力を継続できる人」であることが必要です。
いくら頭が良くても受験に対する準備、努力は絶対に不可欠です。
天才と呼ばれる人種は確かに存在しますが、
最難関校を突破する受験生が皆そうかというと当然そうではなく、
むしろ大多数は努力を重ねて合格レベルにたどり着いた受験生なのです。

こう言われても、「努力だけで最難関大学を突破するなんて・・・」と、
半信半疑の受験生もいるかと思います。
そうした受験生たちは「努力の継続」を体感したことが無いのかもしれません。
努力を継続すれば必ず目標を突破できる、と強く信じてください。
そして受験本番まで努力し続けてください。
それを全うできたとき、志望校突破とともに、
努力の意味という非常に貴重なものを体得できているでしょう。

資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら