「基礎が解っている」ということと「基礎問題が完璧に解ける」 ということは違う

大学受験突破のための最重要事項は基礎事項の徹底理解

着実に基礎的な部分を勉強するよりも、難解な応用問題に挑戦しがちな受験生がいますが、
これには感心できません。
何度もお伝えしていることにはなってしまいますが、
大学受験を突破するための最重要事項は、基礎事項の徹底理解だからです。

大学入試問題といっても、特別に難解な問題ばかりが出題されるわけではありません。
むしろ大半が基礎学力を問われる問題です。
過去の入試問題を分析すると、約7割が基礎的な問題、
残りの約3割が少しひねった、もしくは高度な応用力を問われる問題となっています。

最高学府である東大の数学では6問中3問できたら合格点が定説ですが、
2問は基礎学力がしっかり身についていれば解ける問題だと考えられます。
そしてこれは他の科目でも同じような配分です。

このように入試の実態を知ればいかに基礎学力が大事かわかりますが、
知らなければ気持ちだけが焦り、応用問題ばかりに気がとられるようになってしまうのです。

「基礎が解っている」ということと、「基礎問題が完璧に解ける」、
ということは違います。

大学受験の際に実力的には合格確実と思われる受験生が落としてしまうケースは、
この基礎学力が「完璧に解ける」段階に至っていないことがほとんどなのです。

資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら