受験校の選択は本人の夢や将来の展望をもとに慎重に選択を

大学受験における"すべり止め校"の考え方

大学受験におけるすべり止め。志望校の受験に失敗したときの保険、
という考え方が一般的かと思います。
受験生の保護者視点ですと、どうしても「高校や大学に進んでくれればよい」と考えがちで、
そうなるとこの"すべり止め校"の受験も視野に入るわけです。

そこで受験生の保護者の方々には少し立ち止まって考えて欲しいのです。
そもそも受験校の選択とは、本人の夢や将来の展望をもとに、
慎重に行わなければならないはずで、「大学入学」が目的であってはいけないのです。

不本意ながらも合格できたので、という状況で入学しても不登校や中途退学などで、
挫折してしまうケースは少なくなく、残念ながら実例も多く見てきています。

志望校の選択には各家庭の事情等も絡み、難しい問題ではありますが、
状況が許すなら大学受験では慎重に選んだ本人が本当に行きたい「志望校」のみを、
受験するべきだと考えていますし、実際にも志の高い受験生にはそうアドバイスします。

そうして受験した結果、力及ばず浪人生活を送ることになってしまっても、
初志貫徹で翌年志望校に合格できたなら、不本意ながらに入学する場合と、
比較してその後の学生生活、ひいては人生全般に大きな差が出てくるものと確信しています。

資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら