やる気を行動につなげるために受験を控えた高校生に大切なこと

勉強のやる気を行動に変えるために高校生に大切なこと

毎年3月に入試シーズンが終了するとともに次の入試に向けた1年間が始まります。

新3年生や浪人を決めた浪人生にとっては、大学受験のための新たな1年間が始まるわけです。

この始まりの時期はみな大学合格への意欲でやる気に満ちているものです。

この時期、一番大事なことは「絶対にこの大学に入る」という明確な志望校を決定すること。

目標が決まればその大学合格への受験対策がメニュー化でき、具体的に年間スケジュールとして落とし込むことができます。
このスケジュールに沿って学習しゆければ理想的な受験となります。

志望校に決め方などはありません。
当然自身が一番行きたい大学が志望校なわけですから、一番のあこがれの大学を設定すればよいだけです。

現状の学力、偏差値は関係ありません。
受験生の1年間で偏差値が20や30上昇することなどざらにある話ですから。

大学に関する情報が少なければ現地に赴いたりして情報収集するのも良いでしょう。憧れの大学が見つかるかもしれません。
モチベーションにつながる行動は非常に大事です。

目標に向かって行動している時間を長く持つためにも、できるだけ早く志望校を確定する。

これがこの時期の最重要項目といっても過言ではないでしょう。

資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら