成績上位の高校生に共通する特徴とは

高校生におすすめの勉強方法

高校生の個性はほんとうに様々ですが、「こういう高校生は成績が良い」という固定の法則のようなものはあまりありません。

勉強時間の量や授業態度などは必ずしも成績に比例するものでもありません。

ただ、多くの高校生を指導する中で成績に比例するひとつの要素が見つかりました。

「ノート作成」の方法です。
成績上位の高校生が作るノートには特徴があります。

板書をしっかりと書き写しているのはもちろんのこと、
「なにが、こうなって、こうなる」
という全体の流れが解るような短文が散りばめてあるのです。

要は復習をするときや後から参考にするときに、授業を頭の中で再現できるようなノートを作るわけです。

総じてこういったノートの作り方ができている高校生は成績上位をキープしています。

大学受験に挑む生徒の場合はノートを取らないような学生はさすがにほとんど見かけませんが、板書のみだったり、単語だけがメモされているノートを作っている生徒達はほとんどが中位か下位です。
ノートの取り方と成績とは非常に密接な関係があるのです。

資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら