予備校ならみすず学苑。個別学習指導・受験相談の「カレッジタイムシステム」。

怒濤の英語と個人指導

「少人数制」を行う場として、週に一度、個別に学習指導する「カレッジタイムシステム」を設けています。

今何が足りないのか。どうすれば、成績が伸びるのか。スーパーバイザーと呼ばれる担任が、一年間目を離さずナビゲートし、第一志望合格まで導くのです。
週に一度のマンツーマン学習指導
授業に加えて、カレッジタイム個別授業をはじめとする密度の濃い学習フォローが充実していますので、通常予備校の何倍もの高い指導の質で最後まで面倒を見ます。

週に一度のマンツーマン学習指導


個別の学習計画を作成し、家庭学習の課題も設定。

「カレッジタイムシステム」では、まず一週間の授業が本当に身についているかをチェック。毎日の勉強が順調に進んでいるかを確認します。

そして、遅れのある科目や弱点の目立つ部分は、志望校や学力に合わせた家庭学習用の個別課題を設定。

各教科の講師とスーパーバイザーが情報を共有し、一人ひとりの生徒に最もふさわしい学力アップ方法を提案します。だから迷うことなく、つねに最高のプランで勉強を続けられます。


教える講師が責任を持って指導するのが、みすず流。

スーパーバイザーは経験豊かな講師がつとめます。授業を教えている講師が直接アドバイスし、進路指導するのがみすず学苑流。

「講師は教えるだけ、学習アドバイザーは模試の結果をもとにアドバイスするだけ」という無責任体制ではありません。スーパーバイザーは豊富な経験から、その生徒にふさわしい情報を選び、学習面・メンタル面ともにベストなアドバイスを行います。いわば、受験生のコンサルタントでありカウンセラーです。


悩みも疑問もすべてをぶつけられるカレッジタイムシステム。

マンツーマン学習指導生徒からの相談の場でもあるのがカレッジタイムシステム。 疑問点や弱点、心の迷いなどをぶつければ、納得いくまでスーパーバイザーが答えます。
勉強全般や生活の悩みもOK。

一人ひとりの生徒に惜しみなく時間を使い、心を通わせるのが、みすず学苑の少人数制です。



資料請求はこちら
説明会・相談会予約
体験授業はこちら